しんしろよくなれNEWS

2016-09-16 15:06:00

新城希望都市をめざす若者の会を主体に、新庁舎建設を一旦立ち止まって考えなおし、学校統合で空き家になる新城東高校の耐震化済み校舎を利用しよう!という動きが話題になっています。

戦国合戦のまち・新城での武将たちは、ことあるごとに、その都度状況と情勢が変わる世の中で作戦変更をし生き延びてきました。

一旦決まったことでも、新たな良件が出れば、どちらにするのが得策か考えるのは当たり前のことです。

30年前に決めた計画を、止める勇気もなく実現した結果が、駅前には伸びない無用の長物となったあのだだっ広い道路です。

名古屋に期待をし、散々市民が成り立たないと訴えた山の湊号バスは、多くて3人、0人で空気だけ運ぶこともしょっちゅうです。

 

新城市は、立ち止まる勇気が必要。

 

みなさんも今後の税金やお子さんの将来にかかわることとして、人口激減と財政圧迫の新城市の未来を一緒に考えていきましょう。

1 2