しんしろよくなれNEWS

2016-09-19 06:49:00

16/9/17 太田恒久
 昨日新城市9月議会は最終日でした。新城の将来にかかわる議案もありましたので、傍聴しましたが、結果は、市長提案の議案が賛成多数で可決されました。

「新城希望都市を目指す若者の会」の新城東高校の跡地利活用について新庁舎の移転や公共施設としての利活用を含めて検討してほしいとの請願も「検討の必要なし」ということで不採択となりました。庁舎以外の跡地利活用については検討の余地ありとの議員の意見もありました。加藤、白井、浅尾議員の検討すべきとの意見は傍聴者の納得のいくところでしたが、その他多数の議員の意見は新庁舎はすでに決まったことだからダメ、調整地域だからダメとのことで、議会として新城市の将来のため本気に検討しようという意見は加藤・白井・浅尾3人の議員以外はありませんでした。

市議会が特別委員会を設けて跡地の利活用について検討しようということもなかったので、議会としては新城の将来につながる新東跡地の利活用については何もしないということになります。穂積市長も新庁舎移転はダメ以外の何の提案もしていないので、これだけの発展のチャンスになる可能性を活かすことはないということになると思います。

新城の将来を考え、新城市の発展につながる提案をした次の世代の担い手である若者の「検討して頂きたい」という真面目な提案を市長・議会共に無視するとはありえない話です。若者の会のチラシを見ましたが、明日の新城市を考えた建設的な提案であると思いました。市民の代表である議会が、検討すらしないというのはありえないことです。検討した結果困難であるという結論であるならばそれはそれでよかったのではないかと思います。

それではどのように利活用するか新城市の将来を考えて市長・議会が市民の納得のいく活用方法を提案すれば、市民の多くや次世代を担う若者たちも納得するのではないでしょうか?新城再生の絶好のチャンスを生かしていただくよう議員の皆さんが動いてほしいものです。
特に合併に伴う国から支給される10億円は32年度にはなくなります。新城市の施設・道路・橋梁などのメンテナンス費用は今後毎年20億円から30億円に達すると市の公共白書で公開されています。人口減の中で税収の増大は考えられません。これだけでも毎年30億円程度の借金が必要となるのではないでしょうか?新城市政本当に大丈夫ですかと不安は増大するばかりです。